徳島の福祉のお仕事なら
TEL:088-625-2040

平成29年度 福祉・介護職場への女性等参入促進事業

平成29年度 福祉・介護職場への女性等参入促進事業
女性の新規参入モデル施設に対する助成金交付要領

福祉・介護職場への女性等参入促進事業

事業目的

この要領は、女性の福祉・介護職場への参入を促すとともに、福祉・介護職場の魅力を広く県民の皆様へ周知するために、モデル事業として福祉・介護分野で活躍している女性職員を雇用する施設(以下「モデル施設」という)に対する助成に関して定めるものです。

助成対象施設

下記に定める本事業への協力が可能な徳島県内の社会福祉施設であって、県社協が選定したモデル施設とします。※6施設程度

助成上の要件
  1. 老人福祉施設、障害者福祉施設、もしくは児童福祉施設など、社会福祉事業を実施していること。
  2. 女性の福祉・介護職場への新規参入に積極的に取り組んでいること。
  3. 新たに職場体験等を積極的に受け入れること。
  4. 徳島県福祉人材センターに求人を出していること。
  5. 過去3年以内に新たに女性職員を雇用しており、その職員(以下,選出職員という)が本会モデル事業において実施する各種取り組み(別表1)に協力できること(モデル施設が属する法人が運営する福祉サービス提供事業所又は施設において、当該事業の実施のために有期雇用の解除や配置転換等をされた者ではないこと)
  6. 選出職員の職種や雇用形態、年齢は問わないが、雇用期間が申請日時点で3か月以上であること。
  7. モデル施設は、選出職員と直接雇用契約を結び、労働関係各法に基づいて適正な雇用管理を行っていること。
  8. 国や県から同様の事業に関する補助金・助成金を受けていないこと。
助成金の額

県社協からモデル施設に対し、定められた様式による業務実績に基づき110,000円を交付する。

実施期間、実施内容

モデル事業の実施期間は3か月間程度とする。

1.検討会(モデル施設の管理者等と選出職員ほか)
福祉業界に新規参入する女性の増に向けて、各社会福祉事業所の取り組むべきポイントや現在の取り組み・工夫などについて局内で検討会を実施してください。
日程:12月~1月、場所:各施設、回数:1回以上
テーマ:各施設の自由裁量とする。※例示(Excel)参照
2.福祉の職場で働く女性職員の交流会(選出職員)
「福祉の職場で働く女性職員の交流会」への参画。福祉の仕事の魅力ややりがいなどについて意見交換を行う。出された意見などは,本会で広報誌にまとめ、広く県民へ周知するとともに、SNS等でも活用する。
日程:1月27日(土)午前11時から午後2時まで
場所:渭水苑(徳島市沖浜東1丁目54)
回数:1回
内容:SNSセミナー、食事、意見交換(局内検討会などから)
講師:株式会社PLUS.a 代表取締役 有田氏
備考:アイネットの広報誌「アイネットニュース」に掲載し、各事業者や求職登録者等へ配布します。
3.女性の新規参入に係る検討会等の実践報告(モデル施設)
モデル事業の実績報告として、協議した内容や今後の計画等を報告として提出すること。
※ご提出いただいた実践報告は、本会にて実践事例集として集約し、印刷製本したものをお送りさせていただきます
配付予定:モデル施設、県内の社会福祉施設、行政等の関係機関、人材センターの求職登録者、就職ガイダンスなどの機会に配付等。
報告等

モデル施設は、県社協に対し、平成30年3月31日(土)までに別途定める様式により業務実績を報告し、助成金の請求を行うものとする。

申込方法

申請書(word)をダウンロードいただき、必要事項を入力後メールに添付して申し込んでください。インターネットが利用できない場合は、お電話にてご連絡ください。

お申し込み・お問い合せ先

〒770-0943 徳島市中昭和町3丁目1-2 県立総合福祉センター3F
徳島県社会福祉協議会 福祉人材センター(担当:山田、川西)
TEL:088-625-2040 FAX:088-656-1173
E-mai:ainet@tokushakyo.jp
受付時間:月曜〜金曜8:30〜12:00、13:00〜17:00(土日祝祭日は休み)