徳島の福祉のお仕事なら
TEL:088-625-2040

2020福祉の就活Web版

「2020福祉の就活Web版」 開催要項

目的
  1. 福祉・介護の現場への就業を目指す方,関心のある方等を対象に,徳島県内の福祉職場の魅力や具体的な求人情報を,ガイドブックや福祉人材センターアイネットのホームページ等で発信することにより,就業意欲を高めることを支援します。
  2. 福祉人材センターアイネットの取り組みを通して,福祉のお仕事の良さをアピールすることで,安定的な人材の確保と定着の推進,将来的な福祉人材の確保を図ることを目的に実施します。
主催

徳島県,社会福祉法人徳島県社会福祉協議会 徳島県福祉人材センター

対象者
  1. 大学・短大・専門学校などに通う学生
  2. 社会福祉施設等に就職・転職を希望している一般の方
  3. 福祉の仕事に関心のある方
内容

仕事の内容,職場の魅力紹介等についての情報をガイドブックに掲載して配布するとともに,アイネットホームページから配信します。

参加事業所
  1. 参加費は無料です。
  2. 徳島県内の社会福祉施設・事業所を法人単位で受付します。
  3. 参加いただくには,徳島県福祉人材センターへの事業所登録が必要です。
  4. 原則,ガイドブックと動画の,両方の参加をいただける事業所が対象です。※但し,動画撮影が難しい場合は写真のみの参加も検討しす。
  5. 上限60法人(申込順)までとさせていただきます。
申込方法

【手順1】                                                                                                                        「2020福祉の就活Web版」申込書(様式)をダウンロードして下さい。
【手順2】                                                                                                                           必要事項を入力のうえ、令和2年5月15日(金) までにメールに申込書を添付してお申し込みください。
【手順3】
事務局からメールにて“受付確認”を送信した後、動画入力用USBと返信用封筒をお送りします。
参加申込書を送信されたにもかかわらず3~4日経っても”受信確認”の連絡がない場合は,お手数ですが下記まで電話にてお問い合わせください。
※令和2年5月16日(土)以後の申し込みはできません。
※インターネット環境が無い場合は,事務局までご連絡ください。
※ガイドブックに掲載した求人は,常用求人に転用できます。(但し,追加の項目が必要です。
【手順4】
「ガイドブック掲載原稿」(様式)および必要に応じて「動画作成インタビューシート」をダウンロードし,必要事項を入力ください。
【手順5】原稿および動画は,令和2年5月29日(金)までに,御提出ください。
※ご不明な点はアイネットへご相談ください。

ガイドブック掲載について

「複合施設」「高齢者福祉施設」「障がい者福祉施設」「児童福祉施設」「保護施設」「社会福祉協議会」の分野ごとにまとめて掲載する予定です。

動画の掲載の注意事項
  1. 横向きで動画撮影をお願いします。(スマートフォン撮影可)
  2. 余白等は編集しますので自由で大丈夫です。
  3. 動画,写真に写っている方の承諾をお取りください。
  4. 3分以内に収まるようにしてください。(3分を超える場合は編集させていただきます。)
  5. すでにある動画を使用していただいても大丈夫です。(例:ホームページ等)
  6. 音声の都合により字幕を入れることがあります。
  7. 内容(参考)
    1. 施設紹介
    2. 仕事風景
    3. 働く方のインタビュー
    4. 事業所内で行われているイベント等の写真
    5. 先輩職員からのメッセージ・魅力を一言

※BGM等で著作権に触れる場合,掲載できませんのでお気を付けください。

各種様式(ダウンロードはこちらからお願いいたします)

「2020福祉の就活Web版」申込書(様式)
動画作成インタビューシート
ガイドブック掲載原稿(様式)

お申し込み・お問い合せ先

徳島県社会福祉協議会 福祉人材センターアイネット
〒770-0943
徳島市中昭和町3丁目1-2 県立総合福祉センター3F
TEL:088-625-2040 FAX:088-656-1173
E-mai:ainet@tokushakyo.jp
受付時間:月曜〜金曜8:30〜12:00、13:00〜17:00(土日祝祭日は休み)
担当:藤井・桑村