施設・事業所の方へ

*Topic* 令和4年職業安定法の改正について

令和4年3月31日、職業安定方の一部改正を含む「雇用保険法等の一部を改正する法律」が交付されました。職業安定方の改正については、一部を除き令和4年10月1日に施行されます。

各種リーフレット

職業安定法 改正のポイント(PDF)

求人企業向け(PDF)

詳細について

詳細は厚生労働省のホームページをご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000172497_00003.html

インターネット求人システム「福祉のお仕事」をご活用ください

徳島県福祉人材センターアイネットは、社会福祉法に基づき、福祉人材確保のために徳島県知事の指定を受けて徳島県社会福祉協議会に設置されています。また、職業安定法に基づき厚生労働大臣から認可された福祉のお仕事専門の無料職業紹介事業所です。
インターネット求人システム「福祉のお仕事」にご利用登録いただきますと、福祉・介護の求人情報を全国に発信いたします。
募集から採用まで「福祉のお仕事」で効率的に行うことができます。ぜひ、ご活用ください。

1.徳島県福祉人材センターアイネットであっせんできる事業所・職種の範囲について

徳島県内が就業先の福祉の仕事の求人を取り扱います。
具体的な範囲については、【徳島県福祉人材センターであっせんできる事業所・職種の範囲について】(PDF)をご覧ください。

2.求人登録について

(1)事業所登録

初めて求人を申請する場合は、事業所登録(事業所マイページ)が必要です。
登録した情報は、事業所情報として「福祉のお仕事」ホームページで公開されます。

(2)求人登録

事業所マイページ登録が完了すると求人登録申請ができます。
登録された求人票は「福祉のお仕事」ホームページで公開されます。

(3)求人票の有効期限

求人票の有効期限は登録月の翌々月末日(最大3ヵ月間)までです。
有効期限の5日前に期限切れの予告メールが連絡先メールアドレスに届きます。
有効期限が過ぎた求人票は、自動的に非公開となります。
求人の有効期限を延長することはできません。有効期限後も引き続き求人を継続する場合は、再度求人登録申請を行っていただくことになります。

(4)応募の受付

求職者は次のいずれかの方法で求人に応募します。

①福祉人材センターからの応募【紹介状による応募】
事前に福祉人材センター職員が求人事業所に連絡をし、紹介状を発行します。
紹介状は、福祉人材センターから直接郵送します。履歴書等は、求職者本人が事業所へ送付します。

②「福祉のお仕事」ホームページでの応募【直接ネットから応募(紹介状が発行されない)】
福祉のお仕事」ホームページで求人票を見た方がサイト上で直接応募します。
求人事業所へは、応募通知メールが届きますので、事業所マイページにログインして
応募情報を確認のうえ、必ず求職者へ連絡し、日程調整等をお願いします。

(5)選考

採用選考にあたっては、仕事の内容、求める能力・適正、労働条件などを明確に示し、
公平な選考を行っていただきますようお願いします。

(6)採否

選考結果は、直接応募者本人に連絡するとともに、福祉人材センターにご報告をお願いします。

(7)求人票の抹消

求人の有効期限、募集期限が過ぎた場合は、抹消申請が必要です。

(8)操作説明書

「福祉のお仕事」事業所マイページの操作説明書はこちらをご覧ください。

「福祉のお仕事」操作説明書(PDF) 7,732KB

お問い合わせ

ご質問などございましたらお気軽に徳島県福祉人材センターアイネットまでご連絡ください。
※「福祉のお仕事」は、全国の福祉人材センター・バンクが共同で運営する、福祉分野の求人情報に関するWebサイトです。

とくしまの福祉の就活Web版」にご参加ください

とくしまの福祉の就活Web版」は新型ウイルス感染症の影響を受けて開催できなかった就職ガイダンスの代わりとして令和2年度に開設されました。

動画(YouTubeにアップしています)で各施設の魅力を発信しています。

施設の様子や先輩職員の働く姿、生の声を動画でダイレクトに伝えることができます。

ぜひ、「とくしまの福祉の就活Web版」にご参加ください。

くわしくはこちらをご覧ください。

福祉人材確保・育成・定着に向けた取り組み

徳島県社会福祉協議会福祉人材センターでは、地域を支える福祉人材の確保・育成・定着を実現するため、現在の課題や、これからの取り組みを事業所の皆さまと一緒に考えていくための方策を策定いたしました。ぜひご覧ください。

5つの主要課題&地域を支える福祉人材確保育成定着の取組(PDF)